大屋根に包まれた家

大屋根につつまれた家

 

 

 

 

 

2013年竣工

この建物は閑静な住宅地にひっそりと建っています。
土地・建物が大きいので、周辺に威圧感を与えないように配慮しながら計画していきました。

大屋根の中央部分に中庭を設けることで、単純な屋根に変化をつけると同時にプライバシーを確保しています。
開きすぎず閉じすぎず、また建物を低くすることでスケール感をおさえながらも、日本の家の象徴である屋根を大きくすることにより
格式のあるたたずまいが形成されています。