陽時計の家

陽時計の家

 

 

 

 

 

 

2010年竣工

この建物は私にとって初めての県外での仕事になった物件です。クライアントの望まれたことは、家の中で気持ち良く暮らしたいということでした。
平凡なことではありますが、とても大切なことであり、どのような空間が気持ち良くいられるか考えていくことになります。
人目を気にせずそれでいて外の気配が感じられる、そんな暮らし方が良いように思えました。
そうすると、一般的にはコートハウスを考えているのですが、コストUPになってしまうので別の手法を考えることにしました。

考え抜いた結果、LDK を中心にして、その周囲に玄関、納戸×2、サニタリー×2、和室の6部屋を分散して配置し、7つの箱の構成としました。
窓はLDK 寄りの位置に設けてあるので、サイズは大きくしてますが周辺から見えにくいものになっています。
また、窓の前に樹木を植えることでさらに外からの視線を感じないようにするとともに、
内側からは木々を見ながら自然を感じ気持ち良く暮らせるようになりました。

このプランのもう1つの特徴は、LDK が中心で周囲に部屋を配置しているので、廊下がまったくないということです。
36坪のコンパクトな大きさにもかかわらず、それ以上の広がりを感じられる家が完成しました。