町家再生

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物は、高知県土佐市の旧商店街の通りに位置し、以前は和菓子店を営んでいました。

現在は、周辺の建物も今風に建て替えられ、この通り自体も古き良き時代の面影はなくなっています。

この建物も表面的な改修を繰り返し、町家としての本来の良さを失っていました。

ここで育った思い出を大切に考えた、クライアントが耐震工事と町家再生を決意し、設計がスタートしました。

イメージは建物を昔ながらの形に戻しながらも、洗練された街にある別荘とすることで、ここに来る楽しみを持ってもらえるように考えました。そして郷愁と癒しが感じられるような空間を創ることを心がけました。

工事中には、この建物に興味を持った方々が現場を訪れ、昔懐かしいたたずまいが再生されていくことに喜びを感じていました。

完成したこの建物で至福の時を過ごし、和の奥深さを感じていただければと思っています。